mieru-TV 利用規約
第1条(目的)
株式会社ZITTO(以下「運営元」といいます。)は、運営元が運営する会員制サービス「ZITTO」(以下「ZITTO」といいます。)の会員(以下「会員」といいます。)を対象に、以下に定める「mieru-TV利用規約」(以下「本規約」といいます。)に基づき、「mieru-TV」(以下「本サービス」といいます。)を提供するものとします。
第2条(本サービスの定義)
契約者は、「本サービス」に申込むことにより、以下のサービス(以下「対象サービス」といいます。)を利用できるものとします。
  • オンラインレンタルサービス(クランクンイン!ビデオ)(以下「クランクイン!ビデオ」といいます。)
    ※スマートフォンやタブレットでご利用頂く場合は、アプリのダウンロードが必要となります。
    ※オンラインレンタルサービス(クランクイン!ビデオ)のサイト更新業務やコンテンツ配信業務等の当サイト運営に関する業務全般をハリウッドチャンネル株式会社に委託するものとします。
  • その他運営元が定めるサービス
第3条(本規約の承諾および会員契約者契約の締結)
会員は、本規約に同意し、運営元が指定する方法にて、本サービスを申し込むものとし、運営元が承諾した場合に限り、本サービスに関する契約(以下「本契約」といいます。)が成立するものとします。尚、会員のうち、運営元と本契約を締結している会員を「契約者」といいます。
第4条(ID等)
  • 契約者は、本サービスの利用に関するID等を善良なる管理者の注意義務をもって管理、使用するものとします。
  • 契約者又は第三者による使用を問わず、契約者のID等を用いて本サービスを利用した場合の行為は、全て契約者の行為とみなすものとし、契約者は、当該行為についての一切の責任を負うものとします。
  • 契約者は、ID等が盗難、紛失又は第三者の使用により運営元に損害が生じた場合、運営元が被った損害額の全額を賠償する責任を負うものとします。
  • 運営元は、契約者のID等が盗難、紛失又は第三者の使用により契約者に損害が生じた場合でも一切責任を負わないものとします。
第5条(通信機器等の準備)
  • 契約者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア及びその他これに付随して必要となる全ての機器(以下、総称して「通信機器等」といいます。)を、自己の責任と費用負担にて準備するものとします。
  • 運営元は、通信機器等の不具合等により本サービスの提供が妨げられた場合でも一切責任を負わないものとします。
  • 運営元は、契約者が本サービスを利用することにより通信機器等に不具合等が生じた場合でも一切責任を負わないものとします。
  • 本サービスを利用するために必要な通信費等は、契約者の負担とします。
第6条(本サービス・規約の変更)
  • 運営元は、契約者に対する事前の通知又は承諾を得ることなく、本規約又は本サービスの内容の一部又は全部を変更・廃止することができるものとします。
  • 運営元は、前項に基づき本規約又は本サービスの内容を変更した場合、変更後の本規約又は本サービスの内容を契約者に運営元が指定する方法により通知するものとします。
  • 本規約又は本サービスの内容が変更された場合、変更後の本規約及び本サービスの内容が適用されるものとします。
第7条(利用停止)
  • 運営元は、以下の各号のいずれかに該当する場合、会員契約者に対する事前の通知又は承諾を得ることなく、本サービスの一部又は全部の提供を停止することができるものとします。
    ①本サービスのシステム設備の保守を行う場合。
    ②本サービスのシステムにウィルスの進入又は不正アクセスが行われた場合。
    ③第12条に定める不可抗力が発生、若しくは発生するおそれがある場合。
    ④運営元が本サービスの提供を停止することが望ましいと判断した場合。
    ⑤契約者が本規約の各条項のいずれかに違反した場合。
  • 運営元は、前項に基づき本サービスの一部又は全部の提供を停止したことにより契約者に損害が生じた場合でも一切責任を負わないものとします。
第8条(禁止事項)
契約者は、本サービスを利用するにあたり、以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
  • 第三者又は運営元の著作権、商標権、その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
  • 第三者又は運営元の財産若しくはプライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
  • 第三者又は運営元の名誉、信用を毀損、又は誹謗中傷する行為。
  • 第三者又は運営元に不利益若しくは損害を与える行為、又はそのおそれのある行為。
  • 法令若しくは公序良俗に反する行為若しくはそのおそれのある行為。
  • ID等を第三者に譲渡、貸与又は売買等をする行為。
  • ID等を不正に使用する行為又は第三者のID等を使用する行為。
  • 本サービス及びその他運営元が提供するアプリケーション・コンテンツ等を改造、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、又は逆アセンブル等の行為。
  • 本サービスの利用によりダウンロードしたデータ等を、有償無償を問わず、譲渡、閲覧させ、貸与又は売買等をする行為。
  • 本規約の規定に違反すると運営元が判断する行為及び運営元が不適切と判断する行為。
第9条(権利譲渡の禁止)
契約者は、本サービスの利用に関する権利及び義務の一部又は全部を第三者に譲渡又は、担保に供してはならないものとします。
第10条(損害賠償)
契約者が本規約の各条項のいずれかに違反したことにより、運営元又は第三者に損害を与えた場合には、運営元又は第三者が被った損害(逸失利益、訴訟費用及び弁護士費用等を含むがこれに限定されないものとします。)等を全額賠償する責任を負うものとします。
第11条(通知)
  • 運営元から契約者への通知は、書面の送付、電子メールの送信、ファックスの送信、Webサイトへの掲載又はその他運営元が適切と判断する方法により行うものとします。
  • 前項の通知が書面の送付による場合、当該書面が送付された日の翌々日(但し、その間に法定休日がある場合は法定休日を加算した日)に契約者に到達したものとみなすものとし、電子メールの送信又はファックスの送信による場合は、当該電子メール若しくは当該ファックスが送信された時点で契約者に到達したものとみなすものとします。又、前項の通知がWebサイトへの掲載による場合、Webサイトに掲載された時点で契約者に到達したものとみなすものとします。
  • 契約者が第1項の通知を確認しなかったことにより不利益を被ったとしても、運営元は一切責任を負わないものとします。
第12条(免責)
  • 運営元は、内乱、火災、洪水、地震、その他の自然災害又は政府の規制等、運営元の支配することのできない事由(以下「不可抗力」といいます。)により、本規約の履行の遅滞又は不履行が生じた場合であっても一切責任を負わないものとします。
  • 運営元は、本サービスの正確性、有用性、完全性、その他利用者による本サービスの利用について一切の保証を行わず、本サービスの利用に基づき契約者が損害を被った場合でも、当該損害を賠償する責任を負わないものとします。
  • 通信回線や移動体通信端末機器等の障害等による本サービスの中断・遅滞・中止により生じた損害、その他運営元のサービスに関して契約者に生じた損害について、運営元は一切責任を負わないものとします。
  • 契約者が本規約等に違反したことによって生じた損害については、運営元は一切責任を負いません。
  • 最低視聴年齢に満たない者が最低視聴年齢を定めて提供される番組を視聴したことに起因する不利益については、運営元は一切の責任を負わないものとします。
第13条(秘密保持)
契約者は、本サービスの利用に関連して知り得た運営元の業務上、技術上、販売上の秘密情報を第三者に開示、漏洩しないものとします。
第14条(本サービスの提供の停止及び利用契約の解除)
運営元は、契約者が次の各号のいずれかに該当する場合には、何らかの通知、催告を要せず直ちに、本サービスの提供を停止し、又は本サービスに関する契約を解除することができるものとします。
  • 契約者が申込みにあたって虚偽の事項を記載したことが判明したとき、もしくはそのおそれがあるとき。
  • 契約者が本規約の規定に違反したとき、もしくはそのおそれがあるとき。
  • 契約者が差押、仮差押、仮処分若しくは競売の申立を受け、又は公租公課滞納による処分を受けたとき、もしくはそれらのおそれがあるとき。
  • 死亡したとき。
  • 支払停止、若しくは支払不能に陥ったとき、又は手形・小切手の不渡りにより金融機関から取引停止の処分を受けたとき。
  • 被後見人、被保佐人又は被補助人の宣告を受けたとき。
  • 資産、信用、支払能力等に重大な変更を生じたと運営元が認めたとき。
  • 反社会的勢力の構成員もしくは関係者であることが判明したとき。
  • 契約者が関係法令に反する行為を行ったとき、過去に同様の行為を行っていたことが判明したとき、もしくはそれらのおそれがあるとき。
  • 前各号に掲げる事項の他、契約者の責めに帰すべき事由により、運営元の業務の遂行に支障を来たしたとき、又は来たすおそれが生じたとき。
  • 本規約、又はこれに付随して締結する契約の各条項に違背したとき。
  • その他、運営元が契約者に対して本サービスを提供することが不適当と判断したとき。
第15条(解約)
  • 契約者は、運営元が指定する方法により、本サービスを解約することができるものとします。
  • 契約者は、前項に定める方法により、解約手続きが完了した場合、別途運営元が定める日において、本サービスの解約が成立するものとします。
第16条(解約後の措置)
契約者は、理由の如何を問わず本サービスに関する利用契約が終了した場合、運営元に対する一切の債務を、当該契約が終了した日の属する月の翌月末日までに運営元に対し弁済するものとします。
第17条(契約期間等)
本サービスの契約期間は、契約者の利用登録が完了した日より当該完了した日の属する月の末日までとし、本サービスの契約期間満了日までに、契約者から運営元に対して、本サービスの利用を解約する旨の意思表示がない場合、本サービスの契約期間は自動的に同一条件で1ヶ月更新されるものとし、その後も同様とします。
第18条(ポイント)
  • 本サービス上においては、本サービスでのコンテンツの利用に必要な費用に換わる単位として「ポイント」(以下「ポイント」といいます。)を設けており、契約者はあらかじめポイントを付与されることによって、1ポイント=1円として、コンテンツの利用等を行うことができます。
  • 本サービスのうち、運営元から契約者に対して付与されるポイントは、毎月1日に付与されるものとします。但し、契約者にて、本サービスの利用が開始可能となった日の属する月においては、当該利用可能となった日において当該ポイントの付与が行われるものとします。尚、 契約者は、本料金の支払方法によっては、運営元から契約者に対して付与されるポイントの付与日が異なる場合があることについて、予め同意するものとします。
  • 契約者が保有するポイントの有効期限は、ポイントが付与された日の属する月を1ヶ月目として2ヶ月目の末日までとなります。
  • ポイントの消費及び失効は、ポイントの付与日の古いものから優先的に割り当てられるものとします。
  • 契約者が不正に取得したポイントは運営元にて無効とする場合があります。契約者が運営元に対して、本料金等の支払いを怠った場合には、以後、当該契約者との本サービスに関する利用契約の解除、本サービスの利用停止を行う場合があります。
  • 本サービスの利用契約が終了した後は、契約者が保有するポイントの利用はできませんので、ご注意ください。
  • 契約者は、いかなる場合でもポイントの換金、譲渡、交換等を行ってはならないものとします。
第19条(著作権、商標等の私的利用限定等)
  • 本サービスに含まれるデータ、情報、文章、発言、ソフトウェア等一切の著作物に関する著作権は運営元又は運営元の指定する第三者に帰属するものであり、契約者は、これらを著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製のために利用することはできません。
  • 本サービスに含まれる一切の商標、サービスマーク、ロゴ等は運営元又はコンテンツの提供者等の第三者の登録商標又は商標ですので、契約者はこれらを契約者自らの本サービスの利用以外の目的で利用することはできません。
  • 契約者は、前2項に違反する行為を第三者にさせることはできません。
  • 契約者が、本サービスの利用によりダウンロードしたデータ等の権利は、運営元又は運営元の指定する第三者に帰属し、契約者に譲渡されるものではありません。契約者は所持する対応端末又は記憶媒体に当該データを保管し所持することができますが、データの所有権その他すべての権利及びデータに含まれるすべての知的財産権は運営元又は運営元の指定する第三者に帰属します。
  • 契約者は、各コンテンツを契約者が所持する通信機器等のうち、予め運営元が定める通信機器等で、運営元が指定する台数を上限としてダウンロードして利用することができます。尚、本サービスの利用環境には制限があり、契約者のご使用のPC、OSの種別・バージョンによっては本サービスをご利用になれない場合があります。
  • 契約者が、本サービスの利用によりダウンロードするデータ等に関しましては、契約者が、当該データ等をダウンロードした日より運営元が定める期間内であれば、何度でもダウンロードできるものとします。
第20条(期限の利益の喪失)
契約者が、第14条に定める各号のいずれかに該当した場合、当然に期限の利益を喪失し、運営元に対する一切の債務を直ちに支払わなければならないものとします。
第21条(合意管轄)
本規約又は本サービスに関連して訴訟が生じた場合は、訴額に応じて、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第22条(信義誠実の原則)
本規約に定めのない事項又は本規約の各条項の解釈に疑義が生じた場合は、会員契約者と運営元が誠意をもって協議し解決を図るものとします。
第23条(アクセス情報の取扱い)
  • 本サービスでは、第三者から配信される広告が掲載される場合があり、これに関連して、当該第三者が、本サービスのサイトを訪問した契約者のクッキー情報等を取得し、利用している場合があります。
  • 当該第三者によって取得されたクッキー情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。
  • 契約者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるクッキー情報等の広告配信への利用を停止することができます。
  • クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、契約者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。
  • 契約者は、クッキーの送受信に関する設定を「すべてのクッキーを許可する」、「すべてのクッキーを拒否する」、「クッキーを受信したら契約者に通知する」などから選択できます。
第24条(料金)
契約者は、別途運営元が定める料金を、別途運営元が定める支払方法・支払期日等に基づき支払うものとします。
第25条(会員契約者の発信・提供する情報)
  • クランクイン!ビデオには、同サービスを媒体としてある契約者が他人に掲載、開示、提供または送付するコンテンツが含まれることがあります。当該コンテンツを利用する場合の責任は、契約者自身が負います。運営元は、契約者に代わり責任を負うことは一切ございません。また、契約者がサービスを媒介として他人に掲載、開示、提供または送付されるコンテンツを管理したり、その内容の信頼性、真実性、適法性を保証したりすることは一切ございません。したがって、契約者が、自身で掲載、開示、提供または送付したコンテンツに関して刑罰を受けたり、損害賠償請求をされたり、第三者から異議を申し立てられたりする可能性があるということをよくご理解いただく必要があります。運営元は契約者のコンテンツの内容及び当該内容を使用したことに起因する損害については責任を負いません。
  • 前項の責務を果たしていただくために、契約者が以下の行為を行うことを禁止いたします。
    (1)法令に違反するもの、他人の権利を侵害するもの、他人に経済的・精神的損害を与えるもの、脅迫的なもの、他人の名誉を毀損するもの、他人のプライバシーを侵害するもの、いやがらせ、他人を中傷するもの、猥褻・猥雑なもの、品性を欠くもの、罵詈雑言に類するもの、嫌悪感を与えるもの、民族的・人種的差別につながるもの、倫理的観点などから問題のあるものをクランクイン!ビデオを通じて他人に掲載、開示、提供または送付すること。
    (2)未成年者を害するような行為
    (3)自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったりまたは他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりすること。故意過失に基づき誤認した場合も含みます。(たとえば、運営元のスタッフを名乗ったり、他の契約者などになりすましたりするような行為です。)
    (4)クランクイン!ビデオを通じて配信されたコンテンツの発信元を隠したり、偽装するために、ヘッダーなどの部分に手を加えること。
    (5)法律上、送信(発信)する権利を有していないコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信(発信)すること。
    (6)第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権など)を侵害するようなコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信(発信)すること。
    (7)商業用の広告、宣伝を目的としたコンテンツ、ジャンクメール、スパムメール、チェーンレター、無限連鎖講、その他勧誘を目的とするコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信(発信)すること。
    (8)コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊、制限するようにデザインされたコンピュータウィルス、コンピュータコード、ファイル、プログラムを含むコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信(発信)すること。
    (9)画面上での対話の流れを妨害したり、他の契約者がキーボードから入力できないようなスピードで画面をスクロールさせるなど、方法のいかんを問わず他の契約者がリアルタイムに操作、入力しようとすることに悪い影響をおよぼすような行為。
    (10)クランクイン!ビデオまたはクランクイン!ビデオに接続しているサーバーもしくはネットワークを妨害したり、混乱させたりすること、あるいはクランクイン!ビデオに接続しているネットワークの使用条件、操作手順、諸規約、規定に従わないこと。
    (11)故意、過失を問わず法令に違背する行為を行うこと。
    (12)ストーキング行為を行うなど、方法のいかんを問わず第三者に対する嫌がらせを行うこと。
    (13)他の契約者の個人情報を収集もしくは蓄積すること、またはこれらの行為をしようとすること。
  • 運営元が必要と判断した場合には、クランクイン!ビデオを通じて契約者から送信(発信)されるコンテンツを掲載せず、削除し、または掲載場所を変更することができるものとします。この運営元の削除権には、本規約または個別規約等に違反するコンテンツ及び運営元が問題ありと判断したコンテンツを削除する権利も含まれております。
  • 運営元は、契約者がクランクイン!ビデオ内において送信・発信した本コンテンツのレビューもしくはリクエスト及びキャンペーン等で回答したコメント等の全ての契約者のコンテンツを不特定多数の契約者がアクセスできるサービスとして提供することがあり、また、既知もしくは今後創出される何らかのメディア形式及びメディア経路により、使用、表示、複製、配信及び修正し、公開する場合がございます。契約者がコンテンツを運営元に送信(発信)した場合、契約者は運営元に対して、当該コンテンツを日本の国内外で無償で非独占的に使用する(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案を含む)権利を許諾(サブライセンス権を含む)したものとみなします。また、その場合に、契約者は著作者人格権を行使しないものとします。なお、当該著作権の許諾及び著作者人格権不行使の約束は、契約者が、自らが送信・発信したコンテンツを、運営元がクランクイン!ビデオの広告・宣伝等の目的のために無償で非独占的に使用することを許諾及び不行使の約束をすることを含みます。
第26条(委託)
運営元は、本サービスの提供に関し、本サービスの運用等に係る業務の全部又は一部を、契約者の承諾を得ることなく、任意の第三者に委託することができるものとします。
第27条(適用関係)
契約者は、本規約に規定なき事項については、運営元の定める「ZITTO会員規約」の定めが適用されることに同意するものとし、本規約の解釈に疑義が生じた場合には、契約者及び運営元は、信義誠実を旨とし両者協議のうえ解決するものとします。尚、各規約の内容と本規約の内容が矛盾・抵触する場合には、本規約の内容が優先的に適用されるものとします。>
発行日: 平成26年11月1日
改定日: 平成28年7月1日
運営元: 東京都新宿区市谷八幡町14
株式会社ZITTO
ページ上部へ